乳児湿疹から赤ちゃんを守れ|大事なのは家族の愛です

女性と赤ちゃん

乳幼児の湿疹の原因とケア

赤ちゃんの足

赤ちゃんの湿疹の原因

乳児湿疹または乳児アトピーとも呼ばれることもある湿疹には多くの原因があり、ほとんどの赤ちゃんが1度は経験しています。もともと赤ちゃんは大人に比べて肌が薄く、肌トラブルが起こりやすいのは仕方ない一面はあります。乳児湿疹の原因は、脂漏性乳児湿疹やあせもいった皮膚が原因のものと食物アレルギーのような体内が原因のものに分かれます。脂漏性乳児湿疹やあせもといった皮膚が原因の場合には、おむつがはずれたり、年月が経過すると発生がなくなり、自然治癒することが多いです。一方体内が原因の場合には、自然治癒をすることもありますが、適切なケアをしてあげないと大人になって後が残ったり、アレルギー反応が大きく出たりするため注意が必要です。

症状別湿疹のケア

体温が大人よりも高く汗をかきやすい赤ちゃんは蒸れやすくあせもはどうしても置きやすくなります。また女性ホルモンの影響で皮脂の分泌が多い赤ちゃんは皮脂が汗腺につまってしまうことも多くなっています。爪でひっかくとバイ菌に感染して悪化してしまうこともあります。まずは予防するために、毎日の入浴で清潔にすることとこまめな着替えがあげられます。入浴前にワセリンを塗っておくと皮脂がふやけてきれいにしやすくなります。あせもや黄色っぽい斑点ができてしまった場合には、爪でひっかかないように手袋やミトンをつけてあげてください。アレルギーによる場合は、アレルゲンがはっきりしないうちは、症状を悪化させないよう清潔を保つケアが重要です。使用する洗剤や入浴剤も刺激の少ないものを選ぶようにして下さい。1歳頃になるとアレルギー検査を受けることができるので、その後は医師の判断に従って下さい。

Copyright© 2016 乳児湿疹から赤ちゃんを守れ|大事なのは家族の愛です All Rights Reserved.